精神疾患の方の近隣トラブル

最近経験したケースです(内容はアレンジしています)。

賃貸アパートのオーナーの方からのご依頼。賃貸しているアパートの一室に居住している方が、
隣室の物音が大きいことに立腹し、ベランダに取り付けられている隣室のベランダとの隔壁を
破壊して大声で怒鳴りつけました。

隣室の住人は110番通報し、その方は逮捕勾留されましたが、勾留満期で処分保留のまま釈放。
同時に精神病院に措置入院となりました。

オーナーとしては、その方に退去してもらいたい、そうしないと隣室の住人の方の不安が解消されない、
という意向でした。

その方との賃貸借契約書を確認したところ、近隣とのトラブルを発生させた場合には賃貸借契約を
解除しうる趣旨の条項が入っていたので、その条項に基づき、賃貸借契約を解除する旨の文書を
作成して発送しました。

その方は生活保護を受給していましたので、住所地の自治体の生活福祉課の担当者と連携し、
その方の転居先を探しました。

精神病院のスタッフからは、その方の病状からすると、措置入院の期間は1ヶ月程度で、それを過ぎると
任意入院(本人が退院を希望した場合には退院となる)になる、という連絡がありました。

途中経過は省きますが、私と、精神病院、生活福祉課との連携により、その方の居室の明渡しが
実現しました。

関連記事

  1. 特定遺贈と包括遺贈について
  2. 証人尋問の難しさ
  3. タクシープールは駐車場?(解決事例紹介)
  4. 【相続法改正】相続された預貯金債権の仮払い制度
  5. 【相続法改正】自筆証書遺言の財産目録
  6. 事務所移転のご挨拶
  7. 東弁税務委員会委員長に就任しました
  8. 道路交通法改正(自動運転)

最近の記事

PAGE TOP