宮武 洋吉YOKICHI MIYATAKE

主な取扱分野

交通事故、高齢者・障がい者に関わる法律問題(相続、成年後見)、離婚、消費者被害、不動産取引、近隣関係、個人企業の諸問題(労務、債権回収等)、刑事弁護。

自己紹介

弁護士を志すに至ったきっかけ

損害保険会社の社員時代に、自分の仕事(交通事故の損害賠償)に関して顧問弁護士の先生に相談することがあり、弁護士の仕事ぶりを間近に見て魅力を感じた。

弁護士としての基本的なスタンス

司法制度改革の一環として、刑事事件で裁判員裁判が行われており、法律の専門的な知識のない一般の方が裁判での判断を行っています。このことは、法律問題は、専門家が問題点を整理して、十分な情報を伝えれば、専門的な知識がなくとも正しい判断が可能であることを示しています。そこで私は、受任した案件に関して問題点を的確に整理し、依頼者の方に十分な情報をお伝えすることをモットーとしています。そうすれば、依頼者の方自身が、自分の問題についてどのように考えればよいかを理解できるからです。

余暇の過ごし方

友人とバンド活動をしています。

嗜好品

お酒は好きですが、量は全く飲めません。最近はウイスキーにはまっています。

生い立ち

東京生まれですが、親の転勤で山形市に3年間住んだことがあります。多摩地域には小学6年生のときに来ました。

略歴

  • 東京大学法学部卒業
  • 住友海上火災保険株式会社勤務(1991年~1994年)
  • 1999年弁護士登録(51期)
  • 第二東京弁護士会

主な公職・役職

  • 第二東京弁護士会多摩支部高齢者・障害者委員会委員(元委員長)
  • 第二東京弁護士会多摩支部副支部長
  • 東京家庭裁判所八王子支部・立川支部家事調停委員
  • 国分寺市職員懲戒審査会委員(現職)
  • 立川市社会福祉協議会第三者後見人等連絡会幹事(現職)
  • きよせ権利擁護センター後見専門相談員
  • 八王子市社会福祉協議会成年後見活用あんしん生活創造事業運営委員会委員長
  • 東久留米市社会福祉協議会成年後見制度推進機関検討委員会委員

著書・論文等

日弁連法務研究財団による法科大学院の認証評価(自由と正義 2005年 Vol.56 No.7)
わかりやすい建設業法の手引(共著、新日本法規)
困ったときのくらしの法律知識Q&A(共著、清文社)

所属弁護士

  1. 宮武 洋吉

    みやたけ ようきち

  2. 持田 光則

    もちだ みつのり

  3. 戸田 智彦

    とだ ともひこ

  4. 小林 光明

    こばやし みつあき

  5. 川村 圭輔
  6. 松本 有加
PAGE TOP